事故防止の要!安全靴が現場で役に立つ訳とは?[Uniform]

足を守ってくれる安全靴

工事現場での様々なリスクを回避してくれる安全靴。なぜ、安全靴が現場で必要なのか、よくわからない、もしくはそもそも安全靴を知らないという方もいるのでは無いでしょうか。安全靴は普通の靴とは仕様が違うため、より安全靴が重要なのです。では、普通の靴と安全靴の違いを見てみましょう。

普通の靴と安全靴は何が違う?

一般的な靴

スニーカーから革靴まで種類が豊富です。例えば、ウォーキングがしやすい構造になっているスニーカーや、ランニング専用のスニーカーなど、そういった機能的なスニーカーもいくつかあります。また、近年では洗いやすい革靴などもあり、あくまで日常生活の中で履くものです。

安全靴

ブーツタイプの物や、スニーカータイプの物まで、様々な安全靴があります。安全靴の特徴は何と言ってもその構造。つま先の方には、先芯という物が入っていて、より足を衝撃から守ってくれる構造になっています。また、溶接作業の現場で履く安全靴は燃えにくい本革の物を使っています。

ブーツ

必要になる場所

安全靴は工事現場で仕事をする人には欠かすことができません。普通の長靴にしてしまうとモノが落ちてきた時に怪我をする可能性があります。中に鉄板が入っており、安全に仕事をすることができる靴なので、事故防止にもつながります。長靴に見えるタイプとスニーカーのようになっているタイプがあるので、用途に応じて選ぶことも可能になっています。安全を守ることが第一なので、見た目よりも安全性のほうを重視したほうがよいでしょう。

事故防止に役立つ

工事現場では様々なリスクが考えられます。こういう場所ではこういう事故が起こりやすい、とある程度予測をすることはできますが、それでも予想できないトラブルが生じてしまうこともあります。そのため、安全に工事が進められるように様々な配慮がされています。安全靴を履くということも事故を防止する、怪我を防止するということに繋がっていきます。履いているだけで自分の足を守ることができる、ということがあるので必要性も高いです。

タイプで選ぶ

一般的に安全靴というと長靴タイプが多いです。長靴よりも短いタイプのものもあります。ブーツのようなタイプもありますし、スニーカーに見えるものもあります。どういう工事現場で仕事をするのかによって選ぶタイプも変わってきます。長靴タイプであればオールマイティということもあるので選択をする人が多いです。またサイズも出来るだけ足にぴったりなものを選んだほうが脱げにくく、安全に歩くこともできるようになっています。

購入をする場所

建設会社などでは専門の通販サイトと契約をしていて、そこから安全靴を購入することができる、ということもあります。また安全用品を取り扱っている専門業者でも販売をしているので、建設業であれば気軽に購入することができます。

広告募集中